GUGEN2014 > GUGENについて > GUGENとは

GUGENとは

GUGEN

 GUGENは、実用性や商品性の高いアイデアを表彰し、その具現化をサポートするものづくりプログラムです。

GUGEN = 考える。つくる。かたちにする。

GUGENが目指す未来のものづくり

 GUGENは、2013年に「未来のふつう」となるデバイスやアイデアを評価し、具現化をサポートするコンテストとしてスタートしました。

これまで、ものづくりは設備や部品の調達といった問題から、大企業や一部の人たちだけが行うものでした。しかし、ネット環境などのコミュニケーションインフラの充実や、物流や部品の調達といった面の敷居が下がり、誰もがものづくりができる環境へと移ってきました。

 時代の移り変わりは、個人のニーズやライフスタイルの多様化を生み出し、私たちの普段の生活にも大きな変化を及ぼすようになりました。誰もがものづくりに取り組める時代の中で、衣食住といった私たちの身の回りの生活にある問題や、誰もが課題だと抱えていることに対して、「ないものを自分たちでつくろう」とチャレンジする人たちを応援するための環境が必要だと、私たちは考えました。
 ものづくりのコンテストは技術への評価だけに注目しがちですが、それでは私たちの日々の生活や日常から乖離してしまう可能性も少なくありません。そうではなく、私たちが抱えている課題を解決することを軸にした、ものづくりのあり方を考えなければいけません。
 新しい価値を生み出したり、豊かな社会に向けたイノベーションを起こしたりする力が、ものづくりにはあると私たちは信じています。ただのものづくりではなく、私たちの生活や日々の経験をより良くする、未来のあり方を考えたみんなのための「ものづくり」がこれから必要となるのです。

GUGENが支える具現化へのプロセス

「GUGEN」は、みんなのためのものづくりを行うすべての人たちに向けて、課題解決のアイデアを考える場を作り、アイデアのブラッシュアップやプロトタイプづくりを応援する取り組みを行ってまいります。コンテストの開催や表彰だけではなく、さまざま課題にフォーカスしたアイデアソンを開催したり、応募した作品の展示から選ばれた作品に対して、開発援助やマーケティング支援を通じて製品化を後押しするさまざまなプログラムを用意しています。


GUGENを通じて未来をみんなで考えみんなで作り上げる

「誰のためのものづくりか」−作り手の人たちは、家族や身近な友人といった顔が見える相手がどう喜ぶか、どう日々の生活が変化するかを想像することが大切です。その想像したアイデアを、私たちは実現へと全力でサポートしてまいります。

 課題に対する解決策を見出すためには、社会を多角的に分析し、多様な価値観を持った人たちとともにアイデアをもちよることで、思いもよらない発想が生まれてくることは多くあります。だからこそ、よりよい未来をつくるアイデアを実現するためには、一人で考えるのではなく、ジャンルや分野を超えたつながりをもとに、みんなでつくることこそが実現化に向けた大きなきっかけとなるのです。

「未来」がどうなるかは誰にもわかりません。だからこそ、実現したい社会に向けたアイデアをみんなで考え、みんなで実現するためのプロトタイプをみんなでつくり上げること。そのための一歩を踏み始めることから、すべては始まります。

 ともに作る仲間とともに「未来」を具現化していきましょう。
 ぜひ、あなたの参加をお待ちしております。