作品紹介

Gugen2013応募作品一覧 > エントリーNo. 001

作品名念力わたがし

応募者:sweet electronics webページ

ジャンル:食べ物


  • 10

作品概要

とっても特別なカメラと電子部品を使って、赤・青・緑のそれぞれのザラメが入った容器の前でジェスチャーをすると、思い通りの色の綿菓子を作ることができる未来の綿菓子機です。

ボタンを押すのって勇気が必要ですよね。
好みを言葉で伝えるのって難しいですよね。
インテルのPerceptual Computingを使って、言葉のわからない国に旅行したときのように身振り手振りで食べたいものを伝えることができます。

こんな人達に使ってほしい、楽しんでほしい

まだ電子工作に目覚めてなくて、けれども綿菓子の甘さには目覚めちゃった子供たち。
お父さんに*aker *air *okyoあたりに連れて来られ、いまいち楽しみきれてなくてお腹がすいちゃった子供たち。あと、女子。

こんな便利さ、楽しさを提供します

気の済むまでぐるんぐるんしてもらって、最後に綿菓子の美味しさを楽しんでもらえると思います。多分。


ページ上部へ