作品紹介

Gugen2013応募作品一覧 > エントリーNo. 121

作品名Toothy

応募者:長嶋岳志 webページ

ジャンル:生活, エンターテイメント, おもちゃ


  • 11

作品概要

“Toothy”は、歯磨き中に光と音で歯の気持ちを翻訳し、最適な歯の磨き方を体験者に教えてくれるデバイスです。
強く磨くと”Toothy”は赤色に光り警告し、泣き出したり、悲しげな声で歯の気持ちを表現します。
一方優しく磨くと楽しげに笑い声を出したりします。また”Toothy”を左右に動かす回数ごとに色が次第に変化するため、体験者は視覚的に楽しみながら歯磨きできます。
歯がきれいになると白く点滅し、歯磨き終了の合図を出してくれます。

こんな人達に使ってほしい、楽しんでほしい

幼くて、まだ歯磨きの仕方が分からない子供や歯磨きが嫌いな人全てに使っていただきたいです。
また歳に関わらず、頻繁に虫歯になってしまう人や自分の口内環境が気になる人にも自分のブラッシングを見直すためにも使用して欲しいです。

こんな便利さ、楽しさを提供します

「将来、人類は歯とコミュニケーションをとりながら、歯磨きするのが普通となるであろう。」
” Toothy”は、自分の歯の気持ちを翻訳するので歯磨きという単調な作業を楽しくしてくれます。
歯磨き中に歯の気持ちが分かるので、普段からブラッシングを意識していない人でも”Toothy”を使用すれば程よい力加減やブラッシングの速さ、適度な時間を自然に身につけられます。
“Toothy” は全ての人に整った口内環境を提供してくれます。


ページ上部へ