Gugen20142014 応募作品一覧 > エントリーNo. 0019

14
 読み込み中 ...

作品概要

うおーるぼっとBLEは2つのタイヤを持った手のひらサイズのロボットです。
mbedプラットフォームの1つとしてオンライン開発環境に対応しているのでうおーるぼっとBLEを使ってロボットの制御プログラミング学習が手軽に行えます。

特徴的なのは磁石を使って、ホワイトボード等の磁石が貼り付くところであれば垂直でも逆さまでも走ることです。普段あまり無い体験から新しい発見と楽しみを提供します。

また、Bluetooth Low Energyで通信することが可能なのでスマートフォンと連携して遠隔操縦したり、インターネットと連携させたりする事が出来ます。さらに、加速度センサやジャイロセンサ、回転数センサ等を搭載しているので操縦を補助したり、自動的に動かしたりする事も出来ます。
アイディア次第で実用的なモノを作ったり、ゲームを作ったり、アートな作品を作り上げたりすることが可能です。

もともとうおーるぼっとは息子のために作ったロボットでした。壁を走らせるという新しい体験で遊んでもらいたくて試行錯誤を繰り返し、子供の手にも馴染む様にゲーム機のコントローラーで操作できる様にしたり、ゲームモードも取り入れたりして完成させました。うおーるぼっとBLEを通じて、子供と一緒に楽しみながらプログラミング学習してみるのはいかがでしょうか。

うおーるぼっとBLEのスペック
サイズ:W85×D85×H65
重量:148g
CPU:Nordic社製nRF51822 (ARM Cortex-M0 16MHz FLASH:256KB RAM:16KB)
無線通信:Bluetooth 4.1
センサ:3軸加速度センサ、3軸ジャイロセンサ、回転数センサ×2、反射型フォトセンサ(ライントレース用)×4
電源:リチウムイオンポリマー電池3.7V
その他:mbedインターフェースチップ(NXP社製 LPC11U35)、リチウムイオンポリマー電池充電回路

この作品のターゲットユーザーは誰ですか?

機械システム系、情報系の学生
ロボットの制御プログラミングの初歩を学習したい方
マイコンプログラミングを始めたい方
スマートフォンと連携するハードを
子供と一緒に楽しみながらプログラミング学習したいお父さん、お母さん

ターゲットユーザーにどんな価値を提供するものでしょうか?

何事も興味が続かないと学習して行く事は難しいと思います。うおーるぼっとBLEで実際に動き回るものを制御するプログラミングを通じて、楽しみながら段階的にプログラムや制御を学習できます。

この作品のバリュープロポジションは何でしょうか?

手軽に楽しみながらプログラミングを学習できる

開発支援について

  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する

作品概要

この作品のターゲットユーザーは誰ですか?

ターゲットユーザーにどんな価値を提供するものでしょうか?

この作品のバリュープロポジションは何でしょうか?

開発支援について

  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する

作品概要

この作品のターゲットユーザーは誰ですか?

ターゲットユーザーにどんな価値を提供するものでしょうか?

この作品のバリュープロポジションは何でしょうか?

開発支援について

  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する

  • Ver.1
  • Ver.2
  • Ver.3

うおーるぼっとBLE

ジャンル  コミュニケーション・繋がり / ホビー・エンタメ / 教育・学習

by うおーるぼっと開発チーム web

メンバー募集中!
メンバー募集
社会人
  • 電子・電気系エンジニア
  • ソフトウェアエンジニア
開発支援希望!
開発支援希望
  • 技術支援希望
  • チームメンバー募集中
  • 商品化向けの外注先紹介及びコーディネート希望
  • 販売(マーケティング)計画のサポート希望
  • 商品化関連法務業務の代行・相談
  • スポンサーの紹介及び仲介

うおーるぼっと開発チームはエンジニア2人のチームです。2012年に結成し、これまでうおーるぼっとシリーズや初心者向けの拡張基板などを開発し、キット製品化してきました。2人はたまたま近所なので仕事が終わった後、夜な夜なファミレスで開発会議を行っています。

メンバー構成

電子・電気系エンジニア ( 社会人1人 ) 、 ソフトウェアエンジニア ( 社会人1人 ) このチームへコンタクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>