Gugen20142014 応募作品一覧 > エントリーNo. 0085

85
 読み込み中 ...

作品概要

ファッションとして纏うアームロボット。
ロボットとのアニミズム的なコミュニケーションとしてロボット合体する。
完全に使役するために身に着ける高機能のウェアラブルでもなく、ただのファッションアイテムでもない。その狭間の交信するファッションアイテム。
現在人を助けるような機能はないが今後機能を実装していきたい。

この作品のターゲットユーザーは誰ですか?

ロボットと合体したい人たち、ファッショニスタ

ターゲットユーザーにどんな価値を提供するものでしょうか?

ロボットと合体できる、ロボットをファッションとして身につけられる

この作品のバリュープロポジションは何でしょうか?

ロボットと合体できる、ロボットをファッションとして身につけられる

開発支援について

  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する

作品概要

この作品のターゲットユーザーは誰ですか?

ターゲットユーザーにどんな価値を提供するものでしょうか?

この作品のバリュープロポジションは何でしょうか?

開発支援について

  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する

作品概要

この作品のターゲットユーザーは誰ですか?

ターゲットユーザーにどんな価値を提供するものでしょうか?

この作品のバリュープロポジションは何でしょうか?

開発支援について

  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する
  • 希望する

  • Ver.1
  • Ver.2
  • Ver.3

The 2nd process to union

ジャンル  お洒落・アクセサリ / アート・音楽 / ホビー・エンタメ

by きゅんくん web

開発支援希望!
開発支援希望
  • 技術支援希望
  • チームメンバー募集中
  • 販売(マーケティング)計画のサポート希望
  • スポンサーの紹介及び仲介

1994年東京都出身。ロボティクスファッションクリエイタ―。ロボットとの合体を目指し、機械工学を学びながらファッションとして着用するロボットを制作している。金属加工、電子工作、洋裁、モデルを主に行う。
2014年KIRINプレゼンツ「Green Apple Museum」にて着るアームロボットを展示。TOKYO DESIGNERS WEEK 2014「スーパーロボット展」にて展示。

メンバー構成

機械系エンジニア ( 学生1人 ) このチームへコンタクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>