GUGEN2014 > イベント > コンテスト「展示会・授賞式」 > 結果報告

結果報告

皆様の暖かいご支援とハードウェアにかける強い情熱により、「日本最大級ハードウェアコンテスト:GUGEN2014」は、 無事にすべてのイベントを終えることができました。ここに、重ねまして御礼申し上げます。ありがとうございます!

展示会・授賞式では、過去最大規模の92作品の展示と、延べ1,000人近くの多くの方々にご来場いただきました。

GUGEN2014コンテスト開催結果報告

  • 作品応募数126
  • 展示作品数92
  • 展示Maker数172
  • スポンサー数19
  • スポンサーブース数14
  • 過去展示作品数5
  • 事前申込数(合計)586
  • 一般来場者数757
  • 一般来場投票数3758
  • WEBほしいね数6012
  • ニコ生来場者数452

また、今回は一般来場者の「ほしいねシール」による投票を作品審査に加点するという、新しいスタイルの「体験型コンテスト」を試み、 審査員の目だけではない、市場評価を積極的に選考要素へと取り入れました。

1次審査では、一般来場者による投票とGUGEN委員会の審査団による審査結果から大賞・優秀賞候補となる10作品を選考し、 翌日の2次審査では、1次審査通過の10作品のプレゼンを実施し、5名のGUGEN審査員による厳正な審査の末、大賞や優秀賞2チーム、Good!アイデア賞1チームを決定しました。
また、協賛企業14社よりそれぞれ14チームの作品がスポンサー賞を授与しました。
受賞されたチームは、おめでとうございました!

GUGEN2014コンテスト受賞作品(大賞・優秀賞・Goodアイデア賞 ノミネート作品)

大 賞(賞金100万円)

No.119 おしゃぶりセンサ by なんでもセンサ開発チーム

優秀賞(賞金20万円)

No.80 Raplus by Hack the Body

No.122 コロコロプラグ by コロジャー

GoodIdea賞(賞金10万円)

No.77 Hikari×Tsumiki(ヒカリツミキ) by 川口 一画

GUGEN2014コンテスト
スポンサー賞受賞作品

ABBLab賞 (副賞 SXSW2015出展サポート)
No.45
ポータブルミュージックスタジオ KDJ-ONE
キャリフル賞
No.33
OTOPOT
DMM.make賞 (副賞 チーム全員にDMM.make AKIBAの半年利用券)
No.123
電車に載せられる電動バイク|折りたたみEV ~ ORIEV
fabcross賞 (副賞 fabcross記事で紹介)
No.45
ポータブルミュージックスタジオ KDJ-ONE
コクヨ賞 (副賞 CamiAppS
No.122
コロコロプラグ
スイッチサイエンス賞 (副賞 BLE Nanoキット)
No.121
Gomiko
マクニカ賞 (副賞 Macnica Online Store取扱製品
10万円分)
No.23
ボクぶれら/PICK
MakersHub賞 (副賞 aruduino、Raspberry Pi)
No.126
RulerBot
ワコム賞 (副賞 Cintiq Companion)
No.119
おしゃぶりセンサ
秋月電子賞 (副賞 電子部品セット)
No.124
NaoAlarm
ヴイストンロボットショップ賞 (副賞 ピッコロボ 5台)
No.35
犬の気持ちが見えるデバイス「犬パシー」
オムロン スイッチアンドデバイス賞 (電動歯ブラシHT-B601 2台)
No.80
Raplus
Quadcept賞 (Quadcept無償ライセンス提供
(15万円相当)、賞状)
No.80
Raplus
KORG INC.賞 (副賞 littleBits Synth Kit)
No.33
OTOPOT
トランジスタ技術賞

(副賞 組み立てから楽しめる!ヘッドホン・アンプキット/オペアンプ(26種類)を3個ずつ、合計78個収録した実験用オペアンプICサンプル・ブック/ICの中に、ちょっとしたアナログ回路やデジタル回路を作れるPSoC3ボード+デバッグ・ボード)

No.67
eForce
T.S.D.賞 (副賞 Bose スピーカー)
No.35
犬の気持ちが見えるデバイス「犬パシー」

※審査結果の詳細については原則公表いたしません。

なお、残念ながら受賞されなかった作品もすべてにおいて、GUGENのテーマとする「ユーザーに必要される商品」となる可能性を秘めています。GUGENは、ただのコンテストで終わらず、世の中に役に立つ新しいモノをどんどん生み出すお手伝いをし、モノづくり産業の活性化を目指しています。コンテスト結果はあくまでご参考としていただき、受賞の有無に関わらず、引き続き、ユーザーテストを続け、ユーザーに必要とされるモノの具現化のために継続するチームをGUGENは支援していきます。ぜひ具現化を目指すご意志をお持ちであれば、お気軽にご相談をいただければ幸いです。

GUGEN2014展示会・授賞式の様子はコチラ